ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール
  • 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール

  • 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール
  • 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール

発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール

  • 佐々木正美/著 佐々木 正美
    児童精神科医。1935年生まれ。1966年新潟大学医学部卒業後、東京大学で精神医学を学ぶ。ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科に留学。帰国後、国立秩父学園、小児療育相談センター所長を歴任。この間、東京大学精神科、東京女子医科大学小児科などで講師を務める。現在、川崎医療福祉大学特任教授、ノースカロライナ大学非常勤教授、横浜市リハビリテーション事業団参与。40年以上にわたって保育園、幼稚園、児童養護施設等で親や職員の相談、勉強会に携わる

  • シリーズ名
    あんしん子育てすこやか保育ライブラリー special
  • ISBN
    978-4-7991-0375-3
  • 発売日
    2015年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 発達障害の子は、目に見えない話し言葉を聞き取るのが苦手です。そのため、言葉で言って聞かせようとしても伝わりにくいことがよくあります。本書では、「朝の支度を次々とこなせない」「食べものの好き嫌いが多い」「何度注意しても同じことをやめない」「口ごたえが多い」など、大人がイライラしがちな発達障害の子の問題行動ごとに、適切・不適切な言葉がけの例を挙げ、どのように言葉をかけたら伝わりやすくなるのか、自尊心を傷つけずに「できる」ことを増やしていけるのか、といった疑問にこたえます。困ったとき参考になる、お母さんの体験談つき。
目次
1 発達障害の子が、何度言っても「わからない」理由(「早くしなさい」「やめなさい」が、まるで効かないのは…
「できて当たり前」ができないのが発達障害
まずは、その行動特徴を知っておきましょう)
2 もう叱らなくても大丈夫。「ちゃんと伝わる」言葉がけのルール(話しかけるときは、子どもの視線の中に入って言葉がけを
指示を出すときは、言葉と視覚情報を併用して
注意をするときは、短い言葉で具体的&肯定的に
できたことを認めてあげる言葉がけを)
3 日常生活の「できる」がどんどん増える言葉がけ(グズグズ・モタモタに関すること
しつけ・マナーに関すること
注意・関心の向け方に関すること
コミュニケーションに関すること)
4 「その子らしさ」を大切にする子育てを(わかりやすくて育てやすい発達障害の子どもたち
よき理解者の存在が必要不可欠
園や学校の先生とも上手に連携を
障害を伝えるときは、その子の得意なことを強調して伝えて
子どもたちが育ちたいように育てる)

商品詳細情報

対象年齢 一般

作り手の思い

最近、ヨーロッパで発行されている新聞の文化欄で、二度、自閉症の子どもに関する記事や論説を目にしました。それは英国とスウェーデンで発行された新聞でした。私はその二つの記事の共通点に、目と心を奪われました。近年、私自身が重視していることだったからです。
それは、自閉症・発達障害スペクトラムといわれる子どもたちに寄りそう人たちは保護者であれ、教育や療育の専門家であれ、発達障害という問題をもって生まれてきた子どもの特性(障害)を、決して治す(直す)べきものではないということです。治る(直る)という問題ではないのです。
そして、そういう特性をもって生まれてきた子どもたちが、その特性をもったまま健康で幸福に生きていくためには、周囲の人たちからの理解や支援が絶対に必要だということです。
だからこそ、近くで寄りそう人たちは、かかわり方が直接的であろうと間接的であろうと、発達障害の特性をしっかり理解していなければなりません。理解者に寄りそわれることで、情緒的に安定して、もって生まれた能力をしっかり表現しながら、毎日を幸福に生きていくことができるのです。
多くの場合、私たちは自分たちの思うことのほうをしっかり相手に伝えて、教育や療育に取り組もうとします。しかし、そういう思いが大きければ大きいほど、相手の思いを聞き入れることがおろそかになります。
そして、そういう行為が増えれば増えるほど、発達障害の子どもたちから、日々幸福に生きていく機会を奪ってしまうことになります。
発達障害の子どもたちは、相手が自分のことを適切に理解してくれているかどうかを、しっかり見ているものです。
まずは、発達障害の子どもたちが健康で幸福に生きていけるように、子どもたちのよき理解者となってください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中