ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 賭けとか、運とか

  • 賭けとか、運とか

賭けとか、運とか

  • 山地悠一郎/著 山地 悠一郎
    昭和2年(1927)大阪に生まれる。「南朝史」「戦中戦後史」の闇の部分解明者として著名

  • ページ数
    237p
  • ISBN
    978-4-7876-0088-2
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 天から降ったか地から湧いたか、人生波瀾の俳優・六角精児の父親とは、米寿を迎えるに当り、まぎれなき回想録。
目次
第1章 遠くからの呼び声(遠くからの呼び声(序に代えて)
賭けとか、運とか
隅田川の船旅
ぼくの歴史
寄る浜音は遠き古えのこと―父の日誌より
江井ケ島の冬夕焼
相棒展にて)
第2章 山谷憧憬(冬の街―初めての山谷
山谷秘密日誌―労働者需要の時代
「山谷綺談」嗤い人形―この話は信じて貰えなくてもよい
山谷の小さな終戦史―同胞相食む
山谷文化の消滅―懐かしい時代の山谷
淋しき週末の詩―山谷とは何であったか
山谷指圧日誌)
第3章 戦記集(陸軍・皇道派の夢
賭けの神様、最後の賭けに勝つ―山本五十六元帥の死
玉砕とは何であったか―沖縄玉砕戦の語るもの
奥田長三君の徴兵義務―人に語れない国民總特攻の恐怖
昆明偽装作戦―撃てよ!!昆明)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 賭けとか、運とか
  • 賭けとか、運とか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中