ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 実際の設計 機械設計の考え方と方法 改訂新版

  • 実際の設計 機械設計の考え方と方法 改訂新版

実際の設計 機械設計の考え方と方法 改訂新版

  • 畑村洋太郎/編著 実際の設計研究会/著 畑村 洋太郎
    1964年東京大学工学部機械工学科卒、1966年修士課程修了。(株)日立製作所勤務、東京大学工学部産業機械工学科教授の後、工学院大学教授、東京大学名誉教授、工学博士、(株)畑村創造工学研究所代表。福島原発政府事故調元委員長、現在、消費者庁消費者安全調査委員会委員長。設計・生産学、生産加工学、失敗学、危険学、創造学の研究に従事

  • シリーズ名
    実際の設計選書
  • ISBN
    978-4-526-07340-3
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 設計とは、使う人にとっての価値を発掘し、必要な機能を分析し、それを実現する構造を決めることだ。価値から機能を、機能から構造を考える。
目次
「設計の意義」―設計とはどんなものか
「設計のプロセス」―何をどんな手順で決めるか
「設計の構想をつくる」―考えをどう作るか
「機能と機構の実現」―考えをどう具体化するか
「設計に必要な力の知識」―現象を支配する要素の関係をつかむ
「寸法」―形と大きさを決める
「材料」―どんな材料を選ぶか
「設計に不可欠な部品の知識」―必ず使う基本要素
「機械の製作」―どうやって作るか
「設計の手段」―どんな手段で設計するか
「設計の具体例」―たとえばこうなる
「技術の将来と設計」―技術と設計者はどうなるか

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 改訂新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 実際の設計 機械設計の考え方と方法 改訂新版
  • 実際の設計 機械設計の考え方と方法 改訂新版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中