ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 蛇変化の淫

  • 蛇変化の淫

ポイント倍率

蛇変化の淫

  • 芝村凉也/〔著〕 芝村 凉也
    1961年宮城県生まれ。早稲田大学政経学部卒。二十数年のサラリーマン生活を経て、2011年5月『春嵐立つ―返り忠兵衛江戸見聞』(双葉文庫)でデビュー。シリーズ「半四郎百鬼夜行」は『この時代小説がすごい!2015年版』(宝島社)文庫書き下ろし部門第5位に選出された。本格派時代小説家

  • シリーズ名
    講談社文庫 し105-3 素浪人半四郎百鬼夜行 3
  • ISBN
    978-4-06-277921-0
  • 発売日
    2015年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

660 (税込:713

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸に怪蛇が出没。老人・聊異斎は来る大きな変異の兆しだと仄めかす。男を殺して逃げた女が身を隠した奥山の見世物小屋では、大蛇を抱えた妖艶な巫女の舞が催されていた。女の不幸な境遇を透視できるという巫女・斎姫女。複雑怪奇な「蛇」の謎が次第に露わになる。半四郎の妖刀が火を噴く!

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

2015年版「この時代小説がすごい!」(宝島社)書下ろし部門第5位

妖艶な蛇踊りの裏に怪異がひそむ。江戸の怪異退治隊(ゴーストバスターズ)出陣!

丹精かつ美しい筆致と、背筋が凍るほどの恐怖。―末國善己(文芸評論家)

藩を首になった素浪人の榊半四郎、謎の老人・聊異斎と小僧・捨吉。江戸の怪異に立ち向かう好評シリーズ第三弾。

出会い茶屋で商人風の男が殺された。下手人のお哉(かな)は長屋に亭主を置いて姿をくらます。浅草寺境内の芝居小屋で踊り子として紛れ込んだ女の悲惨な末路―「蛇髪変容」

突然店の主が何者かに取り憑かれ、修験者と半四郎でその遣わすモノを探る―「土瓶(トウビョウ)遣い」

女に誑かされた末帰らない跡取り息子を心配する主をも惑乱させる土瓶遣いが暗躍する―「龍女狂乱」

蛇の化身”カカ様”とその娘、蛇巫女の正体が露わになる―「炎龍飛翔」

市井の時代小説の味わいを保ちつつ、江戸を襲う幽玄かつ壮大な伝奇世界が展開する!(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 蛇変化の淫
  • 蛇変化の淫

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中