ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ジャック・ロンドンと鹿児島 その相互の影響関係

  • ジャック・ロンドンと鹿児島 その相互の影響関係

ジャック・ロンドンと鹿児島 その相互の影響関係

  • 森孝晴/著 森 孝晴
    1955年、広島県生まれ。中央大学大学院博士前期課程修了。鹿児島短期大学教授を経て、鹿児島国際大学教授、同大学院教授。専攻はアメリカ文学。1992年1月、「ジャック・ロンドン・マン・オブ・ザ・イヤー賞」(1991年度)受賞。2013年9月、博士(国際文化学)。日本ジャック・ロンドン協会会長。鹿児島サンタローザ友好協会会長、松風会(椋鳩十顕彰、文学普及)会長

  • ページ数
    224p 図版18p
  • ISBN
    978-4-88777-156-7
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1部(鹿児島とカリフォルニア、ジャック・ロンドンと日本
ジャック・ロンドンに対する薩摩武士の影響―黒木為〓(もと)の場合
長沢鼎の武士道精神について―手紙の下書きに触れて
ジャック・ロンドンに対する薩摩武士の影響―長沢鼎の場合)
第2部 (椋鳩十と鹿児島―ジャック・ロンドンから松風まで
ジャック・ロンドンと薩摩文人―椋鳩十の動物小説へのロンドンの影響
椋の山窩小説群と猟師物語『野性の谷間』へのロンドンの影響
椋の視点でロンドンを読む―『白い牙』と共生の論理
ジャック・ロンドンと椋鳩十―椋はロンドンの「戦争」も読んだ
ジャック・ロンドンと椋鳩十―「戦争」と『マヤの一生』
ジャック・ロンドンと薩摩文人―宮原晃一郎と山本実彦の場合)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ジャック・ロンドンと鹿児島 その相互の影響関係
  • ジャック・ロンドンと鹿児島 その相互の影響関係

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中