ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 認知症予防トレーニング認トレ 一生ボケない!38の方法

  • 認知症予防トレーニング認トレ 一生ボケない!38の方法

認知症予防トレーニング認トレ 一生ボケない!38の方法

  • 広川慶裕/著 広川 慶裕
    認知症予防医。ひろかわクリニック院長。1955年、大阪府で生まれる。1984年、京都大学医学部卒。麻酔科専門医・指導医として多くの実績を積む傍ら、精神病理学に興味を持ち精神科に転科。以後、精神科医として認知症やうつ病、統合失調症などの精神疾患治療に専念。近年はメンタル産業医として「働く人のメンタルヘルス」にも力を入れ、数多くの復職実績を持つ。さまざまな医療機関で要職を歴任したのち、2014年に認知症予防の専門クリニック、「ひろかわクリニック(宇治駅前MCIクリニック)」と「脳と心の健康相談室(品川駅前MCI相談室)」を開院

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-7991-0351-7
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 認知症予防の名医が教える「ちょいボケ(MCI)」のうちにボケの芽を摘む多彩なノウハウ。簡単で効果抜群の暮らし改善法。
目次
第1章 認トレ(1)知的トレーニング編―脳を活性化してボケを遠ざける方法あれこれ(「見当識トレーニング」で時間感覚を維持
「自由会議トレーニング」で脳細胞を活性化 ほか)
第2章 認トレ(2)身体トレーニング編―認知症の予防には適度に身体を動かすことが望ましい(「耳たぶマッサージ」で頭部の血流を改善
頭と身体を鍛える「足踏み課題トレーニング」 ほか)
第3章 認トレ(3)生活トレーニング編―ちょっとした心がけで毎日の生活にハリが生まれる(「予定づくりトレーニング」で生活のハリを維持
記憶を脳に刻み込む「ひと言日記トレーニング」 ほか)
第4章 認トレ(4)食事トレーニング編―乱れた食生活はメタボや高血圧だけでなく認知症も呼び寄せる(高齢者こそ求められる「高タンパク型粗食生活」
ボケ予防に理想的な「毎日納豆トレーニング」 ほか)
第5章 認知症は「ちょいボケ」のうちに治しなさい!―前・軽度認知障害や軽度認知障害の段階なら、健康な状態への回復も難しくない(ATPが不足してくると認知症を呼び寄せる
認知症にまで至る各段階で、どんな治療が行われるか確認しておく ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ちょいボケやど忘れ、もしかしたら認知症の前段階かも?本格的な認知症の発症を予防する効率的な方法を親しみやすい形式で紹介。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 認知症予防トレーニング認トレ 一生ボケない!38の方法
  • 認知症予防トレーニング認トレ 一生ボケない!38の方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中