ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む

  • 将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む

将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む

  • 福留真紀/著 福留 真紀
    1973(昭和48)年東京都生まれ。東京女子大学文理学部卒業。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。博士(人文科学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学史料編纂所特任研究員などを経て長崎大学准教授

  • シリーズ名
    新潮新書 598
  • ISBN
    978-4-10-610598-2
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:842

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 将軍の振る舞いに戸惑い、老中のバカさ加減に憤る――。徳川将軍三代に仕えた儒学者、室鳩巣の手紙には、政権や社会への所感が素直に綴られている。そこからは、人間味あふれる政治の当事者たちの姿が浮かび上がってくる。(「近刊情報」より)
目次
第1部 徳川家宣・家継の巻(理想論者・徳川家宣
幼少将軍徳川家継
儒者たちの闘い―新井白石と林信篤
老中と間部詮房)
第2部 徳川吉宗の巻(「八代将軍吉宗」の誕生
前代からの老中と吉宗側近
吉宗が信頼した家臣・吉宗が疎んだ家臣
吉宗の目指した幕府財政建て直し)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

時に将軍の振る舞いに戸惑い、時に老中のバカさ加減に憤る―。家宣・家継・吉宗ら徳川将軍三代に仕えた儒学者、室鳩巣。彼が残した手紙には、政権や社会への批判、皮肉、嘆き、賞賛、喜びが、素直に記されている。最高権力者である将軍と、取り立てられた側近、実務を支える官僚たちが織りなす世界は余りにも人間臭い。いつの世も変わらぬ生身の人間と政治の有り様を、新進の歴史学者が生き生きと描き出す。

ページの先頭へ

閉じる

  • 将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む
  • 将軍と側近 室鳩巣の手紙を読む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中