ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもが生きられる空間 生・経験・意味生成

  • 子どもが生きられる空間 生・経験・意味生成

子どもが生きられる空間 生・経験・意味生成

  • 高橋勝/著 高橋 勝
    1946年、神奈川県生まれ。東京教育大学大学院教育学研究科博士課程修了。愛知教育大学助教授、横浜国立大学助教授、教授を経て、帝京大学大学院教授、横浜国立大学名誉教授。教育哲学、教育人間学専攻

  • ISBN
    978-4-7989-1270-7
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,400 (税込:2,640

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 空き地、路地裏、廃材置き場―こうした「ムダなもの」を排除した機能的な都市空間は、自然とふれ合い群れ遊びで仲間と関わり合う大事な生活の場を、子どもたちから奪い去った。ケイタイと室内遊びに終始し「生きもの感覚」を退化させた子どもたちは、真に内面から沸き立つ生の喜びを知らない。自殺やいじめの多発はそれと裏腹なのだ。子どもが共に遊び発見し学ぶ生成の場の構築―本書は、この人間形成空間の再生を現代の重要課題として多角的に追究する。
目次
子どもが生きられる空間とは何か
学校空間をひらく―“ホモ・ディスケンス”が育つ場所
「子どもの世紀」という逆説―「子ども」を大人から差異化する視線
子どもの自己形成空間
情報・消費社会と子どもの経験の変容
子どもの日常空間とメディア
学校での学び、社会での学び
子どもの未来感覚を考える
子どもが生きられる教室空間
子ども・若者・大人が出会うまち―二〇五〇年の中野区の子ども・若者の成育空間を素描する
都市部の子どもの対人関係の現在
子どもの視線・大人の視線
子ども・経験・メディア
高度経済成長期の学校空間―一九六〇年代の高校生活の記録と回想

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもが生きられる空間 生・経験・意味生成
  • 子どもが生きられる空間 生・経験・意味生成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中