ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族
  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族
  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族

  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族
  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族
  • 日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族

日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族

  • 深谷敏雄/著 深谷 敏雄
    1948年、中国・上海生まれ。深谷義治氏の次男。1978年、一家で日本へ帰国。『日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族』が初めての著書になる

  • ページ数
    444p
  • ISBN
    978-4-08-781555-9
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本軍の敏腕スパイが体験した凄絶な戦争秘史。戦後の中国で潜伏13年。獄中に20年4ヵ月。過酷な拷問を不屈の精神で耐え抜く。本作の著者はその次男。一家の悲劇の全てを伝える執念のノンフィクション。(「近刊情報」より)
目次
戦場
潜伏
地獄の日々
文化大革命
日中関係正常化
判決後
在上海日本総領事館設立後の日々
唐山の震災後
夜明け
帰国後の試練
真相と検証
奮闘記
五つの所感

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

第二次世界大戦時、中国戦線でスパイとして活躍した憲兵・深谷義治。敗戦後も極秘指令を受け上海に潜伏するも、中国当局によって逮捕。世界最悪といわれた上海市第一看守所で拷問、栄養失調、結核、左目失明…。時は文化大革命。一家も差別、逮捕、下放、極貧に苦しむ。不屈の精神で迫害を耐え抜き、1978年、一家で日本へ帰国。今、その次男が悲劇のすべてを伝える執念のノンフィクション。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中