ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた

  • 至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた

至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた

  • 竹川圭/著 竹川 圭
    1970年京都生まれ。下町の人情に惹かれ、社会に出てからは靴の一大産地、浅草およびその近隣に暮らす。雑誌やウェブを舞台にメンズファッションのエディター、ライターとして活動

  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-09-388391-7
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本最高峰といわれる靴職人、関信義の物語。50年に及ぶ職人人生。引退を前にたどり着いた境地とは。
目次
序章 つぎはぎだらけの靴
第1章 はじめての弟子
第2章 弟弟子
第3章 四羽ガラス
第4章 大八車と衛生サック、ハンマーの重低音―夜明け前
第5章 渡り職人
第6章 水商売の女のような色気
第7章 足数制限と賃金一律―手製靴職人の終焉
最終章 枯れる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

国内最高峰といわれる靴職人の関信義さん。その半生を2つのポイントで追いかける。1技を極め、そこから無駄をそぎ落とす技術と感性。2自分の職人生命が終わっても、それと引き替えに新しい息吹をはぐくむこと。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた
  • 至高の靴職人 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中