ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • クラシックCDの名盤 大作曲家篇

  • クラシックCDの名盤 大作曲家篇

ポイント倍率

クラシックCDの名盤 大作曲家篇

  • 宇野功芳/著 中野雄/著 福島章恭/著 宇野 功芳
    1930年生まれ。国立音楽大学政楽科卒業。音楽評論家、指揮者

    中野 雄
    1931年生まれ。東京大学法学部卒業。ケンウッド代表取締役を経て、音楽プロデューサー

    福島 章恭
    1962年生まれ。桐朋学園大学声楽科卒業。音楽評論家、合唱指揮者

  • シリーズ名
    文春新書 1002
  • ISBN
    978-4-16-661002-0
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

850 (税込:918

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 好評「クラシックCDの名盤」シリーズ、5年ぶりの第3弾。演奏家篇に続く今回はバッハ、モーツァルトからショスタコーヴィチまで、古今の大作曲家24人を選出、名曲名盤の数々を紹介する。希代の三評者による自由自在な“品定め競演”
目次
モーツァルト
ベートーヴェン
バッハ
ハイドン
シューベルト
シュトラウス一家
メンデルスゾーン
シューマン
ショパン
ワーグナー〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

好評を博している「クラシックCDの名盤」シリーズ最新刊。「名曲と名盤」篇、「演奏家篇」に続く最新刊は「大作曲家篇」です。
取り上げられる大作曲家は総勢24人。バッハ、ベートーベンからラヴェル、ショスタコーヴィチまで、宇野・中野・福島の三評者がそれぞれに好きな作品ベストスリーを挙げ、その名盤の魅力を自由自在に書き尽くします。
評者の一人、宇野氏は「三冊目の今回は《好きな作品》《好きな演奏》ということで、いっそう自由で主観的なエッセイ風の内容となり、今まででいちばんおもしろい本になった」と綴っているように、これまで以上に親しみやすいクラシック案内となりました。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • クラシックCDの名盤 大作曲家篇
  • クラシックCDの名盤 大作曲家篇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中