ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 亜鈴式で鍛える 中国語コロケーション999

  • 亜鈴式で鍛える 中国語コロケーション999

亜鈴式で鍛える 中国語コロケーション999

  • 相原茂/編著 相原 茂
    中国語コミュニケーション協会代表。1948年生まれ。東京教育大学修士課程修了。中国語学、中国語教育専攻。80‐82年、北京にて研修。明治大学助教授、お茶の水女子大学教授等を経て、現在中国語コミュニケーション協会代表としてTECCの普及に努める。NHKラジオ・テレビでも長年中国語講座を担当

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-255-00804-2
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • さくさく覚えてしっかり「語彙筋」を鍛えよう!この999フレーズでみるみる中国語力がアップします!語学上達の早道=“単語+単語”コロケーションで記憶する。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

語彙的な言語と言われる中国語はともかく語彙が豊富だ。しかし、やみくもに単語を1つ1つ覚えても、
実は無駄が多い。語には相性というのがある。組み合わせ、コロケーションである。
「風邪」は「引く」だが、「インフルエンザ」となると「かかる」だし、「肺炎」なら「なる」だ。
「テレビ」は「消す」という。「黒板」も「消す」だ。魔術師でもあるまいし、「消す」とは不思議だが、われわれは確かにこう言う。
このように日本語には日本語独特の言い回しがあり、中国語にも中国語らしい決まった組み合わせがある。
外国語を学ぶにはこのような語と語の組合せ、コロケーションが大事だ。中国語では“搭配"d?peiと言う。
中国では、このような語と語の“搭配"を扱った専門的な辞書が数多く出版されている。
驚くべきことには、小学生用の《小学生搭配?典》が何冊も出されていることだ。
中国語において、個々の単語を知るだけではなく、その語をどう他の語と結びつけるか、
それが会話や、作文において、いかに重要視されているかがわかる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 亜鈴式で鍛える 中国語コロケーション999
  • 亜鈴式で鍛える 中国語コロケーション999

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中