ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゆらゆらチンアナゴ

  • ゆらゆらチンアナゴ

ゆらゆらチンアナゴ

  • 横塚眞己人/しゃしん 江口絵理/ぶん 横塚 眞己人
    1957年横浜市生まれ。雑誌編集者を経て、現在はフリーランスの写真家として多方面で活躍中。日本写真家協会会員

    江口 絵理
    1973年新潟県生まれ。日本の出版社勤務を経て、イギリスの出版社にインターン勤務の後、フリーランスの編集者・ライターに

  • シリーズ名
    ほるぷ水族館えほん
  • ページ数
    31p
  • ISBN
    978-4-593-58303-4
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • にょろにょろしているチンアナゴ。ヘビとか、ミミズの仲間みたい!いったいどんな生き物なんだろう?生き物に興味を持つきっかけになる、楽しい写真絵本。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21×23cm
対象年齢 小学12年生 小学3

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

3歳9ヶ月の息子がサンシャイン水族館に行くと必ず見入る、お気に入りのチンアナゴとニシキアナゴの写真絵本を図書館で借りました。…ちなみに、私も興味がありました。チンアナゴを見ていると癒されますが、この写真絵本を見ると、ユーモラスで水の中で気持ち良さそうで…やはり、癒されます。写真以外にも、カクレクマノミとイソギンチャクのイラストが小さく描かれ、その会話にもよって、チンアナゴとニシキアナゴの生態が説明され、それもいいです。ぱらぱらマンガとしても楽しめます。彼ら同士でからまっちゃうこともあるのが意外でした。最後の方にQ&Aもあるので、もっと詳しく知ることができます。息子のくいつきはやはり良かったです。(トゥリーハウスさん 40代・東京都 男の子3歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ゆらゆらチンアナゴ
  • ゆらゆらチンアナゴ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中