ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 光散乱法の基礎と応用

  • 光散乱法の基礎と応用

光散乱法の基礎と応用

  • 柴山充弘/編著 佐藤尚弘/編著 岩井俊昭/編著 木村康之/編著 柴山 充弘
    工学博士。1982年京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士課程修了。現在、東京大学物性研究所教授

    佐藤 尚弘
    理学博士。1985年大阪大学大学院理学研究科高分子学専攻博士後期課程単位取得退学。現在、大阪大学大学院理学研究科高分子科学専攻教授

    岩井 俊昭
    工学博士。1984年北海道大学大学院工学研究科電子工学専攻博士後期課程修了。現在、東京農工大学工学研究院・生物システム応用科学府教授

    木村 康之
    博士(工学)。1988年東京大学大学院工学研究科物理工学専攻博士課程修了。現在、九州大学大学院理学研究院物理学部門教授

  • ISBN
    978-4-06-154387-4
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 光散乱法に関する初の解説書。静的・動的光散乱や光散乱電気泳動についてわかりやすく解説。さまざまな分野の応用例も紹介する。
目次
入門編(光散乱事始
電磁波としての光)
基礎編(静的光散乱法
動的光散乱法
光多重散乱現象解析
電気泳動光散乱法)
応用編(高分子希薄溶液
分子集合・凝集系
微粒子分散系
生命科学・環境科学)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 光散乱法の基礎と応用
  • 光散乱法の基礎と応用

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中