ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロシアの保存食

  • ロシアの保存食

ロシアの保存食

  • 荻野恭子/著 荻野 恭子
    東京生まれ。父が飲食店を経営。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年よりロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、ユーラシア大陸周辺の50か国以上を訪れ、現地の家庭やレストランのシェフから料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。テレビの料理番組や雑誌で活躍中

  • ISBN
    978-4-86459-182-9
  • 発売日
    2014年10月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『ロシアのパンとお菓子』『ロシアのスープ』に続く第三弾。ピクルス、くん製、ジャム、シロップほか、食生活を豊かにする保存食の数々と暮しの知恵。
目次
ピクルスを極める(キャベツの発酵漬け
ビーツの甘酢漬け ほか)
魚介、魚卵の保存食(にしんの塩漬け
サーモンの塩漬け ほか)
肉の保存食(サロ―豚脂身の塩漬け
ベーコン ほか)
乳製品の保存食(自家製ヨーグルト
カッテージチーズ ほか)
果物と野菜の保存食(ヴァレーニエ―ロシア風ジャム
カンポート―果実の水煮 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ロシアの保存食
  • ロシアの保存食

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中