ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シルクロードの現代日本人列伝 彼らはなぜ、文化財保護に懸けるのか?

  • シルクロードの現代日本人列伝 彼らはなぜ、文化財保護に懸けるのか?

シルクロードの現代日本人列伝 彼らはなぜ、文化財保護に懸けるのか?

  • 白鳥正夫/著 白鳥 正夫
    1944年、愛媛県新居浜市生まれ。中央大学法学部卒業。朝日新聞社入社後、鳥取・金沢両支局長、本社企画部次長を歴任。1996年から2004年まで企画委員を務め、この間、朝日新聞創刊120周年記念プロジェクト「シルクロード 三蔵法師の道」の中心的役割を担う。民族藝術学会会員・ジャーナリズム研究関西の会会員

  • ページ数
    238p 図版16p
  • ISBN
    978-4-88320-622-3
  • 発売日
    2014年10月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アジアとヨーロッパを結ぶ大動脈が、人類共有の普遍的価値を持つ文化遺産であると同時に、人類悲願の国際平和の象徴としての役割を担ってこそ、真の価値がある。シルクロードを平和の道へ。
目次
序章 体験的シルクロードの旅―玄奘三蔵の足跡をたどる
第1章 求道と鎮魂、玄奘の道を追体験―平山郁夫・平和願い文化財赤十字への道
第2章 新疆ウイグルで遺跡保護研究―小島康誉・日中相互理解促進へ命燃やす
第3章 ウズベキスタンで遺跡調査―加藤九祚・九〇歳超えても発掘ロマン
第4章 バーミヤン遺跡の継続調査―前田耕作・アフガニスタン往還半世紀
終章 玄奘の生き方指針に平和の道へ―それぞれのシルクロード、わが想い

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • シルクロードの現代日本人列伝 彼らはなぜ、文化財保護に懸けるのか?
  • シルクロードの現代日本人列伝 彼らはなぜ、文化財保護に懸けるのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中