ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 3年で「経理のプロ」になる実践PDCA

  • 3年で「経理のプロ」になる実践PDCA

3年で「経理のプロ」になる実践PDCA

  • 児玉尚彦/著 上野一也/著 児玉 尚彦
    税理士。(株)経理がよくなる代表。埼玉大学経済学部卒。企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善、経理社員の育成などを中心に活動。「経理財務セミナー」講師

    上野 一也
    税理士・中小企業診断士。(株)経理がよくなる/児玉上野税務会計事務所共同代表。1976年生まれ。慶応義塾大学理工学部卒業後、ヤマハ(株)へ入社。情報システム部門に7年間勤務し、社内システムの設計・運用に携わる。その後、2007年に会計事務所へ転職し、会計業務に従事しながら税理士資格を取得

  • ISBN
    978-4-534-05221-6
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ◆約百万人が職を失う「経理サバイバル時代」が始まっている
    国勢調査によると、2000年以降、経理担当者は約百万人減少しました。その背景には、1.事務処理のコンピュータ化、2.経理業務のアウトソーシング化、3.事務職の非正規社員化があります。いまや、上司や先輩の指示に従って単純なルーティン作業しかしない「経理屋」は、職を失いかねないのです。
    ◆理想のゴールを3年後に設定し、PDCAでスキルアップ!
    そこで本書は、「その他大勢の経理担当者」から抜け出す方法として、理想のゴールを3年後に設定した「経理PDCA」の枠組みを公開! 具体的には、日常業務をこなしながら、1.業務改善力、2.計数管理力、3.改善提案力、4.経営貢献力を身につけるPDCAサイクルを解説します。
    ◆「事務処理だけする経理人生」から卒業しよう
    パソコンへの入力といった単純作業だけしていても、仕事の幅は広がらず、スキルを高めることができません。特に、何年も同じ仕事をしている人は「成長が止まっている」と疑う視点を持ちたいところです。「事務処理だけする経理人生」から、もう卒業しましょう!
目次
第1章 経理PDCAでキャリアアップする―“事務屋”で終わってはいけない
第2章 効率仕事力アップのPDCA―生産性の高い経理になる
第3章 計数管理力アップのPDCA―比率と変化で会社の状況をつかむ
第4章 財務提案力アップのPDCA―大事な数字をわかってもらう
第5章 経営貢献力アップのPDCA―数値で未来を予測する
第6章 「経理のプロ」としての成長の実現―持続的な発展のために

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 3年で「経理のプロ」になる実践PDCA
  • 3年で「経理のプロ」になる実践PDCA

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中