ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 貿易利益を得るのは誰か 国際貿易論入門

  • 貿易利益を得るのは誰か 国際貿易論入門

ポイント倍率

貿易利益を得るのは誰か 国際貿易論入門

  • 笠嶋修次/著 笠嶋 修次
    北海学園大学経済学部教授。1949年福井県生まれ。71年神戸大学経営学部卒。91年米国イェール大学経済成長センター卒(国際経済学修士)。97年米国ウィスコンシン大学(マジソン校)大学院卒(経済学Ph.D.)。政府系金融機関および政府開発援助研究機関・開発援助実施機関勤務後、米国留学。タマサート大学(タイ王国)客員教授を経て現職。2003年オーストラリア・モナッシュ大学政策研究センター客員研究員。12年カナダ・レスブリッジ大学交換教授

  • シリーズ名
    シリーズ社会・経済を学ぶ
  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-8188-2336-5
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 貿易の自由化は勝者と敗者を生み出す。最新の理論を含む貿易と直接投資の基礎理論により、貿易自由化の産業部門・企業間および生産要素間での異なる経済効果を解説する。
目次
第1章 技術水準の相違と国際貿易
第2章 開放経済の一般均衡と新古典派の貿易理論
第3章 生産資源の賦存と国際貿易
第4章 特殊要素と貿易の所得分配効果
第5章 製品差別化、規模の経済性と国際貿易
第6章 直接投資と多国籍企業
第7章 貿易政策の基礎理論
第8章 不完全競争市場と貿易政策

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 貿易利益を得るのは誰か 国際貿易論入門
  • 貿易利益を得るのは誰か 国際貿易論入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中