ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊

  • 甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊

甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊

  • 原田武夫/著 原田 武夫
    1971年香川県生まれ。株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)代表取締役(CEO)。(現・公益財団法人)末延財団奨学生として東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に外務公務員1種職員として入省。12年間奉職し、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を最後に自主退職し現在に至る。情報リテラシー教育を多方面に展開、マーケットとそれを取り巻く国内外情勢の調査・分析や、次世代人材育成等を行う

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-06-219176-0
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 上杉慎吉と美濃部達吉が命がけで戦った、天皇を巡る思想のドラマを描き出し、「天皇とは何か」を考える必読書!国家破綻で民主主義が崩壊するとき、私たちは天皇制とどう向き合うか?
目次
第1章 神童・慎吉とその時代
第2章 欧州留学の激震
第3章 「天皇機関説」と「ドン・キホーテ」上杉慎吉
第4章 怒涛の政治の中へ
第5章 天皇機関説事件と「上杉慎吉の亡霊」
第6章 日本のデフォルトと新たなる「天皇機関説論争・事件」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

国家破綻で民主主義が崩壊するとき私たちは天皇制とどう向き合うか?上杉慎吉と美濃部達吉が戦った天皇を巡る思想のドラマ。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊
  • 甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中