ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 天人 深代惇郎と新聞の時代

  • 天人 深代惇郎と新聞の時代

天人 深代惇郎と新聞の時代

  • 後藤正治/著 後藤 正治
    1946年、京都市に生まれる。ノンフィクション作家。1990年『遠いリング』(岩波現代文庫)で講談社ノンフィクション賞、1995年『リターンマッチ』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞、2011年『清冽』(中央公論新社)で桑原武夫学芸賞を受賞

  • ページ数
    370p
  • ISBN
    978-4-06-219182-1
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 名文家しか書くことを許されない朝日新聞の名物コラム「天声人語」は、「天に声あり、人をして語らしむ」の意―人はそれを「天人」と呼ぶ。新聞がジャーナリズムの中心にあった昭和に、「天人」執筆者として輝きを放ち、惜しまれつつ早世した伝説のコラムニストがいた―多くの証言から描く人物ノンフィクション!
目次
言葉力
浅草橋
青春日記
横浜支局
戦後の原点
昭和二十八年組
上野署
特派員
名作の旅
ロンドン再び
有楽町
男の心
執筆者
遠い視線
法隆寺

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

朝日新聞の「天声人語」といえば深代惇郎――そう思い浮かべる人も多いはずだ。名コラムニストとして名を馳せた深代惇郎だったが、実際に「天声人語」を執筆したのはわずか3年弱だった。

46年の短い生涯を、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家が丹念な取材から描いた人物ノンフィクション。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 天人 深代惇郎と新聞の時代
  • 天人 深代惇郎と新聞の時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中