ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近代を駆け抜けた男 宮崎八郎とその時代

  • 近代を駆け抜けた男 宮崎八郎とその時代

近代を駆け抜けた男 宮崎八郎とその時代

  • 山本博昭/著 山本 博昭
    昭和12年北九州市生まれ。昭和36年朝日新聞入社。那覇支局長(沖縄特派員)、サイゴン支局長(ベトナム特派員)、論説委員、西部社会部長、読者広報室長等。平成7年熊本朝日放送代表取締役社長、会長をへて同21年退任退社

  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-86385-153-5
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 若者は風のように動いた。近代の黎明期、激動の明治。いち早く自由民権を掲げ、時代の最先端に躍り出て、銃弾に斃れた男が熊本にいた。宮崎滔天の長兄八郎。彼を取り巻く群像。現の夢か…ルソーを泣いて読んだ男の峻烈な生涯。
目次
第1章 荒尾宮崎家
第2章 政変のあらし
第3章 植木学校
第4章 士族反乱
第5章 西南動乱
第6章 民権軍
第7章 八郎死す
第8章 熊本城開通
第9章 西郷、故郷へ帰る
第10章 終わりの始まり

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 近代を駆け抜けた男 宮崎八郎とその時代
  • 近代を駆け抜けた男 宮崎八郎とその時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中