ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 最強の介護職、最幸の介護術 “燃える闘魂”介護士が教える大介護時代のケアのあり方

  • 最強の介護職、最幸の介護術 “燃える闘魂”介護士が教える大介護時代のケアのあり方

最強の介護職、最幸の介護術 “燃える闘魂”介護士が教える大介護時代のケアのあり方

  • 山口晃弘/著 山口 晃弘
    1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、社会福祉老人老後を幸せにする会・特別養護老人ホームさつき荘に入職し、介護職・生活相談員を務める。現在同法人・グループホーム奥沢・共愛管理者。介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)。高校3年の時に極真会館へ入門し12年間所属

  • シリーズ名
    ワニブックス|PLUS|新書 124
  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-8470-6075-5
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:950

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 極真空手歴12年、アントニオ猪木を尊敬する介護士が説く介護の現場と介護職という仕事の限りなき可能性。介護施設の選び方も紹介。(「近刊情報」より)
目次
混迷する社会を救うのは、「介護職」である
生活支援のプロフェッショナルとして
介護職のコミュニケーション・スキル
介護職は、最強のビジネスパーソン
目指すは共同指向型サービス
大切な人を守る力
「生きる」という意味を理解する
「心」を育むプログラム
マーケティングセンスを磨くには?
ニーズを創造する!
リーダーシップとは、人を輝かせられること
人には“終のすみか”を選ぶ権利がある
プロレス×ビジネス×倫理=介護
「超幸齢社会」を創造する

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「介護職は最強のビジネスパーソンである」と著者は断言します。体力以外にコミュニケーション・スキル、マーケティングセンスなど、これほど多様な能力を問われる仕事はないのです。そして、超高齢社会を迎え、多くの人が介護を必要とする社会が到来した今、その重要な担い手こそが介護職、であり、日本を長生きする価値のある国にできるかどうかはまさに介護職の肩にかかっているのです。そのために日々奮闘を続ける著者が、介護の職場で起きたリアルで感動的なエピソードを例にとりながら、「最強の介護職とは?」「最幸の介護術とは?」という究極の問いに答えます。

ページの先頭へ

閉じる

  • 最強の介護職、最幸の介護術 “燃える闘魂”介護士が教える大介護時代のケアのあり方
  • 最強の介護職、最幸の介護術 “燃える闘魂”介護士が教える大介護時代のケアのあり方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中