ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法

  • マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法

マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法

  • シリーズ名
    ONTOMO MOOK
  • ページ数
    32p
  • ISBN
    978-4-276-96241-5
  • 発売日
    2014年11月

5,463 (税込:5,900

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2wayスピーカー工作におけるトゥイーター(高域)とウーファー(低域)の周波数帯域調整を解説するムック。独自のネットワーク回路を簡易に実現するための機器「チャンネルデバイダー」を付し、機能・使いこなし法を収録。付:ステレオ2WAY型チャンネルデバイダー(1個)
目次
●スピーカーユニットを知ろう 
●ネットワーク回路を知ろう 
●チャンネルデバイダーを知ろう 
●チャンネルデバイダーを使ってみよう~基本編 
●チャンネルデバイダーを使ってみよう~応用編

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 26cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

月刊誌「Stereo」8月号の付録でも皆様に体験いただいた2wayスピーカー工作では、トゥイーター(高域)とウーファー(低域)それぞれのユニット間の干渉をなくすために周波数帯域の調整(不要な帯域のカット)が不可欠。8月号付録では、トゥイーターのみ低域をカットするコンデンサーを付属してそれに対応したが、さらに音にこだわりたい人のために、ウーファーの高域もカットして独自のネットワーク回路を簡易に実現するための機器「チャンネルデバイダー」を付録にしたMOOKを刊行する。ネットワーク回路は、計算や組み立てが難しく、なかなか初心者の方々にはハードルが高いようだが、この付録のチャンネルデバイダーを使えば、手軽にクロスオーバー(音域を分ける境目)を変更して、よりクリアーな音が楽しめる。まずはチャンネルデバイダーの機能、使いこなし法を読んで、付録で実際の音がどう変わるのか、体験いただきたい。なおこの特別付録使用の際には、ステレオアンプが2台必要となる。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法
  • マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中