ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白熱講義!集団的自衛権

  • 白熱講義!集団的自衛権

白熱講義!集団的自衛権

  • 小林節/著 小林 節
    慶應義塾大学名誉教授、弁護士。法学博士、名誉博士(モンゴル、オトゥゴンテンゲル大学)。1949年東京都生まれ。1977年慶大大学院法学研究科博士課程修了。ハーバード大学ロー・スクール客員研究員等を経て、1989~2014年慶大教授。その間、北京大学招聘教授、ハーバード大学ケネディ・スクール・オヴ・ガヴァメント研究員等を兼務。2014年慶大名誉教授

  • シリーズ名
    ベスト新書 449
  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-584-12449-9
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

787 (税込:850

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 憲法改正とともに、日本の今後を占う最大の焦点「集団的自衛権」。政府の憲法解釈はどこまで許されるのか?気鋭の憲法学者が解説!(「近刊情報」より)
目次
第1章 「集団的自衛権」の定義は、たったひとつ。この問題は「わかりにくい」と思ったら負けだ!
第2章 一読で丸わかり!「個別的自衛権」と「集団的自衛権」
第3章 「憲法解釈」はどこまで許されるのか?
第4章 安倍政権は何をしようとしているのか?
第5章 「集団的自衛権」と「集団安全保障」の違いとは?
第6章 「立憲主義」を教わらなかった日本人

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「憲法解釈」はどこまで許されるのか? 「集団的自衛権」と「憲法」「国際法」がわかる一冊! 「グレーゾーン事態」「国際協力(PKO)」「手段的自衛権関連」無敵の憲法学者が政府の【15事例』を斬る! ! 「集団的自衛権」が、わが国における政治の最も深刻な論点として政争の対象になってきた。その政争そのものは、安倍政権による「閣議決定」で一応の決着をみたが、「自衛隊の海外派兵手続法制」の整備は、これから国会で審議される。これは、「わが国が他国を防衛するために、海外派兵を可能にする」という問題であり、「憲法9条の文言はそのままにして、その規範を骨抜きにする」という問題である……。30年来の改憲派憲法学者が、政府が示した【15事例】と、集団的自衛権問題の論点を徹底解説する。日本人のための憲法副読本!

ページの先頭へ

閉じる

  • 白熱講義!集団的自衛権
  • 白熱講義!集団的自衛権

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中