ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 学問/政治/憲法 連環と緊張

  • 学問/政治/憲法 連環と緊張

学問/政治/憲法 連環と緊張

  • ページ数
    275p
  • ISBN
    978-4-00-025992-7
  • 発売日
    2014年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 樋口憲法学の薫陶を受けた憲法学者による珠玉の論文集。政治と切り結びながら営まれる学知のあり方を考察する。(「近刊情報」より)
目次
窮極の旅
「旧ヨーロッパ的」あるいは「実存主義的」ケルゼン―ホルスト・ドライアーのケルゼン研究に依りつつ
“「自由」の共和国”の憲法思想―「70年代主権論争」、そしてその後
嘘をつく権利?―カントと不完全な世界
「たたかう民主制」論の現在―その思想と制度
個人の尊厳と人間の尊厳
尊厳と身分

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

学問と政治の緊張、政治と憲法の緊張、憲法と学問の緊張を、自覚的に引き受けることなしに、憲法学は成立し得ない。日本の憲法秩序において再び政治の時代が到来した今日、そのなかでも、憲法学が学問として成立し得るということを示すべく、生々しい学問の「現場」を展べ示す七篇の論集。

ページの先頭へ

閉じる

  • 学問/政治/憲法 連環と緊張
  • 学問/政治/憲法 連環と緊張

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中