ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか

  • 桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか

桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか

  • 長田渚左/著 長田 渚左
    東京・杉並区生まれ。桐朋学園大学演劇専攻科卒業。ノンフィクション作家。現在、NPO法人「スポーツネットワークジャパン」理事長で、スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長。日本スポーツ学会代表理事。淑徳大学客員教授

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-08-780739-4
  • 発売日
    2014年09月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東京五輪(1964年)女子体操金メダリスト、ベラ・チャスラフスカ。当時、多くの日本人を魅了した彼女はその後、激動の人生を送ることになる。そしてその傍らには、いつも日本人の姿があった―。名花と呼ばれたアスリートと日本との深い絆を描いたノンフィクション。
目次
序章 復活と謎
第1章 日本との出会い
第2章 生立ち
第3章 二つの五輪
第4章 冬
第5章 光
第6章 闇
第7章 再
終章 桜色の魂

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

1964年・東京オリンピックの名花、ベラ・チャスラフスカ。華やかな競技生活とは裏腹に、波乱万丈の人生を歩んだ彼女を50年間支えたのは、複数の日本人との心の交流だった。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか
  • 桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中