ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

  • アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

  • 境真良/著 境 真良
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)客員研究員。他に、経済産業省国際戦略情報分析官(情報産業)。1968年東京都生まれ。学生時代よりゲームデザイナー、ライターとして活動し、1983年に東京大学を卒業、通商産業省に入省。経済産業省メディアコンテンツ課の起ち上げに課長補佐として参画。その後、東京国際映画祭事務局長、早稲田大学大学院客員准教授、(株)ドワンゴ等を経て、現職。専門分野はIT、コンテンツ、アイドル等に関する産業と制度

  • ISBN
    978-4-492-39607-0
  • 発売日
    2014年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ☆一冊でアイドルの基本がわかる!
    メディアとの関係、アイドルを生み出す方法の変遷、芸能プロダクションというビジネスモデル。
    「見出すゲーム」「支えるゲーム」「育てるゲーム」というアイドル消費の根幹。
    古典的アイドルから現代アイドルまでを、それを支える仕組み・環境を含めて徹底的に論じる。

    ☆アイドルがわかれば日本経済がわかる!
    アイドルと日本経済に相関関係があることは、「アイドルの時代」を景気循環に重ねて見れば一目瞭然だ。
    アイドルブームは戦後経済成熟期と現代、つまり「行き詰った」時代に起こっている。
    では、行き詰った時代の人々がアイドルを求める理由とは? 日本経済の来し方行く末とは?

    ☆東浩紀氏推薦!
    「アイドルがいまなぜ支持されるのか、ようやくわかった。
    半世紀の歴史を踏まえ、文化論と産業論を統合する“現代アイドル論の決定版”」

    AKBグループ、ももいろクローバーZ、モーニング娘。、そして、あまたのアイドルがしのぎを削るアイドル戦国時代。
    いまこそアイドルを、その起源にさかのぼって考えよう!
    本書では、エンターテインメント産業の研究者にして現職官僚である著者が、文化・産業、そして経済・社会、二つの視点から「アイドル」に迫る。


    【本書で取り上げるアイドルたち】
    映画スターの時代を経て70年代に生まれたアイドルたち。
    南沙織から山口百恵、キャンディーズからピンクレディー、そこに満を持して現れ、80年代アイドルブームの中心に立った松田聖子。
    また、河合奈保子、中森明菜、小泉今日子といった聖子のライバル達。
    そして、時代を作ったグループアイドル、おニャン子クラブ。
    90年代、冬の時代の後にやってきた現代アイドルの時代。
    AKBグループ、ももいろクローバーZ、モーニング娘。を軸に、PerfumeやBABYMETALからローカルアイドルたちまで、もはや挙げればきりがない。

    【主な目次】
    《第一章 アイドルのメディア産業論》
    ・80年代アイドルの時代へ
    ・「アイドル」のビジネスモデル
    《第二章 アイドルの消費論》
    ・劣ったものが消費選考されるパラドクス
    ・アイドルの消費メカニズム
    《第三章 アイドルの進化論》
    ・「アイドル冬の時代」
    ・アイドルとアイドルビジネスの「再生」
    ・「アイドル戦国時代」
    《第四章 アイドルの国家論》
    ・日本のグローバル市場主義受容物語
    ・現代アイドルの機能~ヘタレマッチョの誕生
    ・「中産階級主義国家・日本の理想」と「アイドル」
    《第五章 アイドルの世界平和論》
    ・「マッチョの国」と「ヘタレの国」のグローバル市場
    ・グローバル市場、平和、そして文化
目次
第1章 アイドルのメディア産業論(80年代アイドルの時代へ
「アイドル」のビジネスモデル
80年代アイドル時代の終わり)
第2章 アイドルの消費論(劣ったものが消費選好されるパラドクス―かわいい論
アイドルの消費メカニズム
「アイドル」時代とそのメカニズムの終焉)
第3章 アイドルの進化論(「アイドル冬の時代」
アイドルとアイドルビジネスの「再生」
「アイドル戦国時代」―AKB48とももいろクローバーZと当代モーニング娘。)
第4章 アイドルの国家論(日本のグローバル市場主義受容物語―アイドル小氷期を巡って
現代アイドルの機能―ヘタレマッチョの誕生
「中産階級主義国家・日本の理想」と「アイドル」)
第5章 アイドルの世界平和論(「マッチョの国」と「ヘタレの国」のグローバル市場
グローバル市場、平和、そして文化
グローバル・アイドル主義)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く
  • アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中