ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白蓮と傳右衛門そして龍介

  • 白蓮と傳右衛門そして龍介

白蓮と傳右衛門そして龍介

  • 小林弘忠/著 小林 弘忠
    昭和12(1937)年東京都生まれ、35年早稲田大学卒業後毎日新聞社に入社、社会部、地方版編集長、情報調査部長、メディア編成本部長をつとめる。退職後ノンフィクションを中心に執筆活動を続けている。平成18年刊行の『逃亡』(毎日新聞社)で第五四回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した

  • ページ数
    299p
  • ISBN
    978-4-8454-2330-9
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 個性をしっかり持った「強い自我」の女性、柳原白蓮。彼女が嫁いだ伊藤傳右衛門、その実像は、一代で筑豊の炭坑王となり、教育界への進出、銀行の経営にも参画した、志高くして度量も広い人物だった。しかし白蓮と宮崎龍介の出会い、そして二人の逃避行が思わぬ「事件」となり、二人も、そして傳右衛門も様々な「虚説」の渦に巻き込まれていく。大正という時代が生んだ、三人の男女のドラマを詳細に追った。
目次
第1幕 妻からの離縁状
第2幕 拡大した騒動
第3幕 傳右衛門立志伝
第4幕 薄幸の佳人
第5幕 開幕ベルはスクープで
第6幕 なぜ事件は起きたか
第7幕 巻き込まれた宮中
第8幕 昭和初期の醜聞
終幕 いま、ふたたび話題に

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 白蓮と傳右衛門そして龍介
  • 白蓮と傳右衛門そして龍介

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中