ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉田松陰とその妹 文(ふみ)の生涯

  • 吉田松陰とその妹 文(ふみ)の生涯

ポイント倍率

吉田松陰とその妹 文(ふみ)の生涯

  • 不破俊輔/著 不破 俊輔
    1942年6月11日生。早稲田大学卒業

  • ページ数
    283p
  • ISBN
    978-4-7569-1725-6
  • 発売日
    2014年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「花燃ゆ」の文(ふみ)は、吉田松陰の妹であり、久坂玄瑞 の妻であった。文についての資料は極めて少ない。大河ドラマを見るにあたって知識を得ることができる。(「近刊情報」より)
目次
生い立ち
ペリー来航
千代と寿の結婚
下田踏海、そして野山獄
松下村塾を継ぐ
久坂玄瑞と高杉晋作の入塾
松下村塾の日々
玄瑞と文の結婚
日米修好通商条約締結と松陰のいらだち
間部要撃策と伏見要駕策
安政の大獄と松陰の死
航海遠略策(公武合体策)
八月十八日の政変
禁門の変と義助の死
藩内の抗争と高杉晋作の挙兵
薩長連合と第二次長州征伐
晋作の死
萩の乱
美和(文)の再婚

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「志燃ゆ」の吉田松陰。「人燃ゆ」の久坂玄瑞。「花燃ゆ」の文は、松陰の妹であり、久坂の妻であった。松陰も玄瑞も幕末の動乱に無念に散ったが、文は明治の開花を見届け、のちの群馬県知事と再婚し、群馬の教育と産学の振興を支えて、79歳で堂々の永眠。そんな文の目から見た「幕末から明治への歴史の獰猛な流れ」、そしてその急流のなかで、「組織や人はどう動くのか」が学べる本。

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉田松陰とその妹 文(ふみ)の生涯
  • 吉田松陰とその妹 文(ふみ)の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中