ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 美食家たちが消えていく

  • 美食家たちが消えていく

美食家たちが消えていく

  • アレクサンダー・キャンピオン/著 小川敏子/訳 キャンピオン,アレクサンダー(Campion,Alexander)
    ニューヨーク生まれ。両親はブラジル人外交官で家庭ではポルトガル語を話していた。コロンビア大学卒業後、経営コンサルタントをしている時にベンチャー事業の手伝いを頼まれて半年の約束でパリに渡り、以後35年間パリで暮らす。仕事柄三つ星レストランでの会食や1人での外食が多く、やがてレストラン評論家として執筆を始めた。『パリのグルメ捜査官』シリーズで小説デビュー

  • シリーズ名
    コージーブックス キ1-3 パリのグルメ捜査官 3
  • ページ数
    455p
  • ISBN
    978-4-562-06030-6
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「なかなかいける」毒舌で知られるレストラン評論家が、ロブスターのラビオリの感想を口にした直後に命を落とした。その後も、パリの最先端レストランで次々と評論家が殺され、連続殺人の様相を帯び始めた。女性警視カプシーヌは、有名評論家の夫も標的になるのではと不安な日々を過ごし、捜査がいっこうに進まないことに焦りを募らせる。そして犯人が動きを止めてから約1カ月。エッフェル塔にあるレストランのリニューアルセレモニーという華々しい席で、カプシーヌは夫と危険な賭けに出ることに!白装束のピクニック集団に暗闇レストラン―奇々怪々なパリの最先端グルメ業界で起こる、連続殺人事件の真相とは!?美食づくしの贅沢ミステリ。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:KILLER CRITIQUE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 美食家たちが消えていく
  • 美食家たちが消えていく

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中