ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか

  • 平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか

平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか

  • アレックス・ザヴォロンコフ/著 仙名紀/訳 ザヴォロンコフ,アレックス(Zhavoronkov,Alex)
    1979年2月生まれ。国籍は、ラトヴィア、ロシア、カナダ。カナダのクイーンズ大学、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学、ロシアのモスクワ大学で学ぶ。老齢化研究のシンクタンク「生物老年学(バイオジェロントロジー)研究財団」を主宰し、国際エイジング研究ポートフォリオを立ち上げ、世界中の老齢研究を支援している。再生医療世界連合にも加担し、長寿研究の中心で活躍を続けている

    仙名 紀
    翻訳家。1936年東京都生まれ。上智大学新聞学科卒業後、朝日新聞社に入社、主として出版局で雑誌編集に携わった

  • ISBN
    978-4-7601-4420-4
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,530

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 寿命は将来160歳まで延ばせる!すでに最新医学では、ヒトに似た遺伝子をもつマウスの寿命を倍に延ばすことに成功している―そのとき、社会保障や国家財政はどうなる?
目次
第1部 長寿の時代(転換点に差しかかる
長寿への道程
主要経済大国の人口動態―アメリカ、EU、ロシア、中国、日本)
第2部 老化とは(老化に伴う機能の低下
生物とての老化
損傷を修復して勤務年限を延ばす
老年医学の近年の進歩と再生医療)
第3部 医療研究を変革する必要性(高齢化に伴う実質的なコスト
医学研究における優先順位の変更)
第4部 退職後文化(退職後文化のイメージチェンジ
成り行き任せか手助けするか―心理面の老化をくつがえす
予防医学と再生医学
将来に備えて)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE AGELESS GENERATION
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか
  • 平均寿命105歳の世界がやってくる 喜ぶべきか、憂うべきか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中