ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 秩序を乱す女たち? 政治理論とフェミニズム

  • 秩序を乱す女たち? 政治理論とフェミニズム

秩序を乱す女たち? 政治理論とフェミニズム

  • キャロル・ペイトマン/著 山田竜作/訳 ペイトマン,キャロル(Pateman,Carole)
    1940‐。英国サセックス生まれ。1971年ブライアン・バリーの指導の下オックスフォード大学で哲学博士号を取得。シドニー大学所属中に複数の大学・研究機関の客員教授等をつとめ、1990年カリフォルニア大学ロスアンジェルス校の政治学教授に就任。現在、同大学の特別名誉教授。世界的に高名な政治理論家

    山田 竜作
    1967年福島県生まれ。創価大学国際教養学部教授(政治理論)

  • シリーズ名
    サピエンティア 37
  • ISBN
    978-4-588-60337-2
  • 発売日
    2014年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,900 (税込:4,290

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女は政治秩序を脅かすので公的世界から排除すべきだ。容易に変わらないこの家父長的な思い込みに異議を唱え、デモクラシーとシティズンシップを根底から問い直す。
目次
第1章 「秩序を乱す女たち」―女性、愛、正義感覚
第2章 兄弟愛的な社会契約
第3章 政治的義務の正当化
第4章 女性と同意
第5章 昇華と実体化―ロック、ウォーリン、政治的なるもののリベラル・デモクラシー的概念
第6章 公/私の二元論に対するフェミニズムの批判
第7章 『市民文化』―ひとつの哲学的批判
第8章 家父長的な福祉国家
第9章 フェミニズムとデモクラシー

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE DISORDER OF WOMEN

ページの先頭へ

閉じる

  • 秩序を乱す女たち? 政治理論とフェミニズム
  • 秩序を乱す女たち? 政治理論とフェミニズム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中