ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

  • 立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

  • 立花隆/著 岩田陽子/著 立花 隆
    評論家・ジャーナリスト。1940年、長崎県生まれ。1964年、東京大学文学部仏文科卒業後、文藝春秋入社。1966年に退社。1967年、東京大学文学部哲学科に学士入学。その後、ジャーナリストとして活躍。1979年、『日本共産党の研究』で第一回講談社ノンフィクション賞受賞。1983年、第31回菊池寛賞受賞。1998年、第1回司馬遼太郎賞受賞

    岩田 陽子
    お茶の水女子大学特任准教授。慶應義塾大学卒業後、産業能率大学総合研究所にて人材育成のコンサルティング業務に従事。その後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)にて初代の人文・社会科学コーディネータとして活動。2013年よりお茶の水女子大学に勤務

  • ISBN
    978-4-534-05200-1
  • 発売日
    2014年07月

1,400 (税込:1,540

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 立花隆の発案で始まった「宇宙授業」の記録。田村元秀(東大)、國中均(JAXA)との対談収録。
目次
第1部 宇宙科学の最先端をのぞく(宇宙に生命は存在するか?ケプラーでわかった系外惑星の新事実
世界を先回りして待て!「はやぶさ2」と惑星探査の未来)
第2部 立花隆さんと東北の小学校で「宇宙」を教える―仙台市富沢小学校での教育実践「宇宙を考える」の記録より(思いがけない立花隆さんの一言
本邦初!「宇宙を考える」授業の計画を立てる
正しく思考する4つの技術
子どもたちの驚くべき吸収力
テレビ授業ではじめて立花隆さんに会う
子どもたちの深まる思考力
「正しく思考する」意義)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

立花隆の発案で、東北の小学校で「宇宙を考える」授業が始まった。「教科書に書いてあることだけが正しいわけではない」「何かをやる時には、ヒト、モノ、カネ、そして時間の発想が必要」―。高度な知識を求められる授業に戸惑う子どもたちも、やがて「正しく思考する技術」を獲得していく。併せて、太陽系外惑星研究の第一人者・田村元秀×立花隆、「はやぶさ2」プロジェクトマネージャーの國中均×立花隆の対談を収録。

ページの先頭へ

閉じる

  • 立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く
  • 立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中