ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ターミナル・ビギニング アメリカの物語と言葉の力

  • ターミナル・ビギニング アメリカの物語と言葉の力

ターミナル・ビギニング アメリカの物語と言葉の力

  • ISBN
    978-4-8460-1336-3
  • 発売日
    2014年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代社会のアクチュアルな問題を、物語の批評を通じ深く掘り下げる論文集。小説におけるマイノリティの問題を扱う第一部と、映画・文化産業が生み出す物語を考察の対象とする第二部から成る。アメリカ文学者・吉田迪子の思想を特徴づける代表的論考二篇を収録。
目次
第1部 響き合う小説の言葉(近代と対峙するコスモロジー―モリスンと石牟礼道子の世界
フォークナーの反逆的後継者としての中上健次
父の認知を求める混血児―「父と息子」と『アブサロム、アブサロム!』
シャーウッド・アンダソンとジーン・トゥーマー―視線の暴力をめぐる、テクスト間の対話
危険なる仮装―ネラ・ラーセンの「サンクチュアリ」と剽窃疑惑
「黒い」主人、「白い」奴隷―「ベニト・セレノ」における反乱の意味
戦争・哀悼・国家―アメリカ再考の物語としてのウィリアム・フォークナーの『寓話』とトニ・モリスンの『ホーム』
アイデンティティと階級の相克を越えて―チャンネ・リーの『ネイティヴ・スピーカー』はネオリベラル小説か)
第2部 映像と物語の可能性(映像の近代時間―効率と映画の一考察
ナブコフの『闇のなかの笑い』と映画
非アメリカ的な「夢」と前衛映画と抵抗と―第二次世界大戦前後のアナイス・ニン
戦うプリンセスたちの挑戦―プリンセスと戦う女性と女性ゴシックの関係
冷戦期のある「夫婦」の物語―レナード・バーンスタインの『タヒチ島の騒動』をめぐって)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ターミナル・ビギニング アメリカの物語と言葉の力
  • ターミナル・ビギニング アメリカの物語と言葉の力

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中