ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

  • 親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

  • 山田太一/著 山田 太一
    1934年、東京浅草生まれ。1958年、早稲田大学教育学部卒業。松竹に入社し、木下恵介氏のもとで助監督を務める。1965年、シナリオライターとして独立。テレビドラマの脚本家として「岸辺のアルバム」「想い出づくり」「ふぞろいの林檎たち」「丘の上の向日葵」をはじめ、多くの名作を手がける。1982年、「ながらえば」「男たちの旅路―戦場は遥かになりて」で芸術選奨文部大臣賞受賞。1985年、菊池寛賞を受賞。一方、作家としても活躍。1988年には『異人たちとの夏』(新潮社)で山本周五郎賞を受賞。1991年、「少年時代」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞

  • シリーズ名
    PHP新書 930
  • ページ数
    172p
  • ISBN
    978-4-569-81909-9
  • 発売日
    2014年06月

760 (税込:821

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • わが子も他者であり、親の思いどおりにいくものではない。個々の魅力に気づき、その違いを財産だと思って喜ぶべきではないかと著者はいう。大事なのは「時代の基準」ではなく「その子の現実」。「親が子供にしてやれることの基準」は、「他ならぬその子」にしかないのだということ。家族を見つめ続けた脚本家が語る親子論。
目次
第1章 一男二女あり(産院待合室での前奏曲
子供は暴君? ほか)
第2章 父のこと、家のこと(小学生のころ(昭和十六年~昭和二十年)
父母とすごした時間 ほか)
第3章 家族は「人間」を知る場所(心の傷も栄養になる
家庭内暴力のこと ほか)
第4章 親にできることは、少し(人生の意味
基準は生身の子供 ほか)
終章 二十年経って思うこと(他人の子供も可愛くなった
子育ての期間は短い ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
版数 新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと
  • 親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中