ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イスラーム世界の挫折と再生 「アラブの春」後を読み解く

  • イスラーム世界の挫折と再生 「アラブの春」後を読み解く

イスラーム世界の挫折と再生 「アラブの春」後を読み解く

  • 内藤正典/編著 中田考/〔ほか〕著 内藤 正典
    同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科教授。東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学分科)卒業。ダマスカス大学、アンカラ大学で研究に従事。ユネスコ人文・社会科学セクター科学諮問委員。一橋大学教授を経て現職。専攻はイスラーム圏と西欧の国際関係、多文化共生論

  • ISBN
    978-4-7503-4020-3
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「アラブの春」はなぜ失敗したのか。イスラーム世界の病理とは何か。イスラーム世界はどうすれば再生への道を歩むことができるのか。イスラーム・フォビアが浸透しイスラーム主義への理解を歪めている欧米諸国も視野に、世界各地のイスラームの今を俯瞰する。
目次
中東・イスラーム世界は、なぜここまで堕落したのか
1 総論(「アラブの春」の背景とムスリム世界の今後の展望)
2 各論(イスラーム社会における民主化の希望と失望―トルコはなぜ孤立したのか
新中間層のイスラーム志向―成長するトルコ経済を支える敬虔なムスリム
ムスリム社会における信教の自由―トルコ共和国・公正発展党政権下のアレヴィ問題を事例に
マイノリティとしてのイスラーム―タイにおける宗教、民族と政治
ムスリムタウンを歩く―9・11とボストンテロを経験したアメリカ東海岸の日常
排除と包摂のムスリム社会―イギリス社会はイスラームとどう向き合うのか
イスラーム武装勢力と西アフリカ―マリ紛争とフランス介入
「タリバン」の政治思想と組織―「アフガニスタン・イスラーム首長国とその成功を収めた行政」「タリバンの思想の基礎」翻訳・解説)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • イスラーム世界の挫折と再生 「アラブの春」後を読み解く
  • イスラーム世界の挫折と再生 「アラブの春」後を読み解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中