ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 少年非行 社会はどう処遇しているか

  • 少年非行 社会はどう処遇しているか

少年非行 社会はどう処遇しているか

  • 鮎川潤/著 鮎川 潤
    刑事政策、犯罪学、逸脱行動・社会問題研究。スウェーデン国立犯罪防止委員会客員研究員、南イリノイ大学カーボンデール校フルブライト研究員、ケンブリッジ大学客員研究員、ウィーン大学客員研究員などを経て、関西学院大学教授、博士。保護司、更生保護施設評議員、学校法人評議員。前法務省法務総合研究所研究評価検討委員会委員、元地方自治体選挙管理委員会委員

  • シリーズ名
    放送大学叢書 025
  • ページ数
    259p
  • ISBN
    978-4-86528-104-0
  • 発売日
    2014年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あの少年は、いまどこで、どうしているのだろうか?補導・送致から審判、保護観察・自立支援まで、全体像がわかる1冊。
目次
第1章 日本の少年非行―過去と現在
第2章 少年非行の「発生」―法執行機関
第3章 家庭裁判所と少年非行
第4章 少年院と保護観察
第5章 触法少年・虞犯少年
第6章 少年の刑事裁判と今後の展望

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 少年非行 社会はどう処遇しているか
  • 少年非行 社会はどう処遇しているか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中