ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心性史家 Ph・アリエス: “二十世紀末“パリ滞在記

  • 心性史家 Ph・アリエス: “二十世紀末“パリ滞在記

心性史家 Ph・アリエス: “二十世紀末“パリ滞在記

  • 坂口哲啓/著 坂口 哲啓
    1959年長野市生まれ。現在、早稲田大学、明治大学ほかで、仏語、仏地域研究、仏語圏文学文化と日本などを教えている。専攻は近代フランス文学。1995年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。パリ第8大学第3課程留学、高等研究免状(DEA)取得

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-89434-975-9
  • 発売日
    2014年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 貧しく力弱き者に真底共感して、自分が着の身着のままになっても援助し、神話や聖書に形式的に題材を求めるのでなく、真の人間を描きぬいたゴッホ。弟テオ宛の書簡を丹念に読みこみ、その苦悩と愛に満ちた内面が、力強く豊かな筆にどのように結晶しているかを読み解く、渾身の書。現代の我々に生きる力を与える絵画は、どのような精神の深みから生まれたか。
目次
序章 宗教的な、あまりに宗教的な―予備的考察
第1章 暗い青春―画家を志すまで(一八五三年三月~一八八〇年六月)
第2章 画家として立つ―ブリュッセル・エッテン・ハーグ・ドレンテ
第3章 土に生きる―ニューネン・アントウェルペン
第4章 面白うてやがて悲しき…―パリ
第5章 精神の高揚と墜落―アルル・サン=レミ
終章 種をまきおく―オーヴェール

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

パリで学んだ、フィリップ・アリエスの世界。
「制度史」から「匿名の日常史」へと教育史の刷新を模索する中で、著者が1970~90年代パリで格闘したデモグラフィ(人口動態誌)とは何か? 『〈子ども〉の誕生』『「教育」の誕生』で名高い心性史家アリエスと、日本における「教育」の歴史とを結ぶ鍵を明かす。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 心性史家 Ph・アリエス: “二十世紀末“パリ滞在記
  • 心性史家 Ph・アリエス: “二十世紀末“パリ滞在記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中