ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • うつしゆめ

  • うつしゆめ

うつしゆめ

  • 那識あきら/著 那識 あきら
    学生時代から同人誌を中心に創作活動を行い、現在はWEBにて小説を発表

  • シリーズ名
    徳間文庫 な42-1
  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-19-893856-7
  • 発売日
    2014年07月

580 (税込:626

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 柏木陸は関西随一の国立大生という肩書きと美しい容姿を利用し、刹那的な生活を送っていた。ある嵐の日、愛車で山中を走っていた彼は道に迷い、偶然見つけた洋館を訪れる。出迎えたのは陸と同年代の美しい女性。しかし彼女は、常に他者との関係で主導権を握ってきた陸を翻弄し、心を先読みする…。彼女は何者なのか?陽炎のように儚い、ひと夜の出会いを描いた、ミステリータッチのラブストーリー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

理性をかき乱す不思議な女。彼女の首筋に顔をうずめ、繰り返し「君が悪いんだ…」とつぶやく__。美しい外見を利用して刹那的な生活を送っていた陸。彼は常にどこか冷めていて、他人とは一線を引いた付き合いをしている。ある夏の日雨の中、立ち寄ることになった山中の洋館出逢った同年代の美しい女。彼女の不思議な魅力に翻弄され、苛立ちつつもやがて…。夏の陽炎のように美しくも儚い一夜の出会いを描いた、幻惑のラブストーリー。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • うつしゆめ
  • うつしゆめ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中