ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 無意識という物語 近代日本と「心」の行方

  • 無意識という物語 近代日本と「心」の行方

無意識という物語 近代日本と「心」の行方

  • 一柳廣孝/著 一柳 廣孝
    1959年和歌山県に生まれる。1983年南山大学文学部卒業。1989年名古屋大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。名古屋経済大学専任講師などを経て、横浜国立大学教育人間科学部教授

  • ページ数
    261,10p
  • ISBN
    978-4-8158-0772-6
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,600 (税込:4,968

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 重なりあうる科学とフィクション。フロイト精神分析や「無意識」の受容は、日本における「心」の認識をどのように変化させたのか。民俗的な霊魂観と近代的な心身観がせめぎあう転換期を捉え、催眠術の流行や文学における表象をも取り上げつつ、「無意識」が紡ぎ出した物語をあとづける「心」の文化史。
目次
第1部 「無意識」の時代(「霊」から「無意識」へ
意識の底には何があるのか―催眠術・霊術の言説戦略―
超感覚の行方―催眠術・千里眼・テレパシー―
変容する夢
「心理研究」とフロイト精神分析)
第2部 芥川龍之介と大正期の「無意識」(消された「フロイド」―「死後」をめぐる疑念―
夢を書く―「奇怪な再会」まで―
「無意識」という物語―「海のほとり」を中心に―
最後の夢小説―「夢」と「人を殺したかしら?」と―
メーテルリンクの季節―芥川と武者小路実篤のあいだ
怪異と神経―「妖婆」という場所
さまよえるドッペルゲンガー―「二つの手紙」と探偵小説
「無意識」の行方―芥川から探偵小説へ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 無意識という物語 近代日本と「心」の行方
  • 無意識という物語 近代日本と「心」の行方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中