ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 詩を書くということ 日常と宇宙と

  • 詩を書くということ 日常と宇宙と

ポイント倍率

詩を書くということ 日常と宇宙と

  • 谷川俊太郎/著 谷川 俊太郎
    詩人。1931年、東京生まれ。1950年、「文学界」に詩を発表。1952年、詩集『二十億光年の孤独』を刊行し高い評価を得る。その後、詩作のほか絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。1962年、「月火水木金土日の歌」で第4回日本レコード大賞作詞賞、1975年、『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年、『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年、『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年、『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞多数

  • シリーズ名
    100年インタビュー
  • ページ数
    157p
  • ISBN
    978-4-569-78405-2
  • 発売日
    2014年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 詩情の力は非常に微小だけれど、過酷な現実に対抗するひとつの「よすが」になる―。国や年齢を超えて広く愛されている詩人が、詩とは何か、詩をどのように生み出してきたかを、ありのままに語る。
目次
第1章 詩との出会い(詩を書き始めた頃
詩を書くということ
読者を意識した詩
詩が生まれる瞬間
意識下にある言葉)
第2章 詩と日常生活と(ラジオに魅せられて
詩と日常生活
詩人であることを問い直した時期)
第3章 意味と無意味(詩は音楽に恋している
声に出すこと
意味以前の世界
言葉は不自由
「わかる」ということ
七十八歳の境地
厳しい現実を前に詩は…
人は詩情を求める)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

詩を書き始めた頃から現在まで、詩作の舞台裏をありのままに語ります。「かっぱ」「生きる」「さようなら」など人気の11作品も収録。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 詩を書くということ 日常と宇宙と
  • 詩を書くということ 日常と宇宙と

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中