ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ポーランドに殉じた禅僧梅田良忠

  • ポーランドに殉じた禅僧梅田良忠

ポーランドに殉じた禅僧梅田良忠

  • 梅原季哉/著 梅原 季哉
    1964年、東京生まれ。朝日新聞ヨーロッパ総局長(ロンドン特派員)。国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。88年、朝日新聞社入社。長崎支局で記者生活をスタートし、西部本社社会部、外報部などを経て、97~98年ヨーロッパ総局ブリュッセル駐在、98~2001年ウィーン支局長、06~09年アメリカ総局員(ワシントン特派員)。帰国後、国際報道部デスク、東京社会部デスクなどを経て、13年9月より現職。1993~94年、米ジョージタウン大学外交学大学院(School of Foreign Service)にFellow in Foreign Serviceとして派遣

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-582-82473-5
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • テヘラン会談で、「ドイツが降伏した後、ソ連は対日参戦する」という機密を入手した日本人がいた。その男の名は、梅田良忠。ポーランド語をはじめとする外国語の達人である彼は、ある時は外交官として大物と渡り合い、またある時は特派員記者として戦地からリポートを送った。誰もが振り返るような美女を連れ、バイオリンを弾き、詩をものした男は、なぜ日本人でありながら、ポーランド人として死ぬことを願ったのか―。第二次大戦下の欧州で、インテリジェンスの世界に身を投じた男の波瀾に満ちた生涯。
目次
謎の人物
若き禅僧の旅立ち
ポーランドに溶け込んだ日本人
ブルガリア公使館付の広報官
「単なるスパイ」
ウメダを監視下に置け
クルロバという女
グループB―ソフィアのポーランド人地下組織
特派員としての苦渋―記者として1
テヘラン会談―記者として2
錯綜する人脈
プロメテウス同盟
地下ポーランド情報機関と日本の協力
失意の帰国、そして敗戦
再生と死と
国境を越えた「連帯」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ポーランドに殉じた禅僧梅田良忠
  • ポーランドに殉じた禅僧梅田良忠

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中