ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃 デイヴ・ヴァン・ロンク回想録

  • グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃 デイヴ・ヴァン・ロンク回想録

ポイント倍率

グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃 デイヴ・ヴァン・ロンク回想録

  • デイヴ・ヴァン・ロンク/著 イライジャ・ウォルド/著 真崎義博/訳 ヴァン・ロンク,デイヴ(Van Ronk,Dave)
    1936年、ニューヨーク市生まれ。モダン・アコースティック・ブルースのパイオニア、ソングライター、アレンジャー、シンガー、ギタリスト。1950年代から音楽活動を始め、1960年代ニューヨークのフォーク・シーンにおける中心的存在となる。以後40年以上におよぶ音楽活動のなかで20枚以上のアルバムを発表、世界各地でツアーを行なう。その音楽スタイルはボブ・ディランら後進のミュージシャンに多大な影響を与えた。1997年、ASCAP(アメリカ作曲家作詞家出版者協会)生涯功労賞受賞。2002年没

    ウォルド,イライジャ(Wald,Elijah)
    1959年、マサチューセッツ州生まれ。フォーク・ブルース・ギタリスト、音楽史家、ジャーナリスト。2002年、アーフリー・レコード40周年記念BOXのライナーノートでグラミー賞受賞。多数の音楽関連の著書がある

    真崎 義博
    1947年生まれ。明治大学英文科卒、英米文学翻訳家。大学在学中に「ボロ・ディラン」の名で、高田渡らとフォークシンガー集団「アゴラ」の一員として活動。72年から翻訳を手がける

  • ページ数
    389p
  • ISBN
    978-4-15-209456-8
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 60年代に最盛期を迎えたNYフォーク・シーン。伝説のミュージシャンの回想録。映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」原案。(「近刊情報」より)
目次
それまでの話:アウター・ボロウズでの子ども時代
ジャズの日々
フォークのルーツとリバタリアン・アナキズム
ワシントン・スクウェアとその向こう
ギルドとキャラバン
カネが唸っているところ
友人たちとレコーディング
ルイス=クラーク探検隊ふたたび
カリフォルニア
コモンズとゲイリー・デイヴィス
ガスライト
衛兵交代
ブルース・リヴァイヴァル
ニュー・ソング・レヴォルーション
バビロンの衰退
『ラスト・コール』

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE MAYOR OF MACDOUGAL STREET
対象年齢 一般

商品のおすすめ

60年代、ニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジで巻き起こったフォーク・リヴァイヴァル・ムーヴメント。その中心人物の一人であり、若きボブ・ディランの憧れの存在でもあったミュージシャン、デイヴ・ヴァン・ロンクが、いかにしてムーヴメントが始まり、全米の若者を熱狂させ、そして収束していったかを振り返る回想録。スターになる以前のディランやジョニ・ミッチェルとの出会い、ウディ・ガスリー、ミシシッピ・ジョン・ハートら伝説的ミュージシャンたちとの交流…。アメリカ文化が大きな変革を迎えた時代の興奮が生き生きと伝わってくる、フォーク・ミュージックの貴重な音楽史的・社会史的記録。

ページの先頭へ

閉じる

  • グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃 デイヴ・ヴァン・ロンク回想録
  • グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃 デイヴ・ヴァン・ロンク回想録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中