ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アガサ・レーズンと貴族館の死

  • アガサ・レーズンと貴族館の死

アガサ・レーズンと貴族館の死

  • M・C・ビートン/著 羽田詩津子/訳 ビートン,M.C.(Beaton,M.C.)
    1936年スコットランド、グラスゴー生まれ。書店員、ライター、秘書などの仕事を経験したのち結婚し、アメリカへ渡る。編集者である夫の勧めで筆を執り、マリオン・チェズニー名義でロマンス作家としてデビュー

  • シリーズ名
    コージーブックス ビ1-4 英国ちいさな村の謎 4
  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-562-06027-6
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ロンドンで半年間の仕事を終え、カースリーの村にようやく戻ってきたアガサのもとに、初の探偵仕事が舞いこんだ。依頼人はハイキングクラブの女性。仲間が貴族の領地で殺された事件を調べてほしいという。さっそく手がかりを求めて貴族の屋敷を訪ねると、そこに待ちうけていたのは鼻持ちならない執事。「素人探偵」と一蹴され、いつも強気なアガサも上流階級の雰囲気のなかで調子がでない。そこへ助け舟を出してくれたのは、愛しの隣人ジェームズだった。夫婦と偽って捜査をすることになり、かりそめの夫婦生活を送るふたりに意外な心境の変化が訪れる。いっぽう、肝心の捜査は嘘つきだらけのクラブ仲間や貴族、くだんの食えない執事に翻弄されるばかりで!?

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:AGATHA RAISIN AND THE WALKERS OF DEMBLEY
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ロンドンで半年間の仕事を終え、カースリーの村にようやく戻ってきたアガサ。
でも愛しの隣人ジェームズはつれない態度。
そんなときハイキング・クラブの女性が貴族の領地で殺され、
アガサに初の探偵仕事が舞いこんだ。
嬉々としてアガサはジェームズを誘い、捜査を開始。
でも、嘘つきだらけのクラブ仲間や貴族、食えない執事に翻弄されるばかりで……!?(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • アガサ・レーズンと貴族館の死
  • アガサ・レーズンと貴族館の死

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中