ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「文化漢奸」と呼ばれた男 万葉集を訳した銭稲孫の生涯

  • 「文化漢奸」と呼ばれた男 万葉集を訳した銭稲孫の生涯

ポイント倍率

「文化漢奸」と呼ばれた男 万葉集を訳した銭稲孫の生涯

  • 鄒双双/著 鄒 双双()
    1984年中国湖南省生まれ。四川大学外国語学部日本語学科卒業、関西大学大学院修士、博士課程修了。2013年4月から2014年3月まで、日本学術振興会特別研究員(PD)として京都大学人文科学研究所に在籍。専攻、日中近代文化交渉、日中比較文学

  • ページ数
    280p
  • ISBN
    978-4-497-21404-1
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民国期、日本占領下の北京で「万葉集」など日本文学の翻訳紹介を続けた銭稲孫。佐佐木信綱、吉川幸次郎、目加田誠、竹内好、岩波茂雄、谷崎潤一郎らとの交流やその業績を明らかにし、「文化漢奸」という評価を再考する。
目次
第1部 戦前の銭稲孫と日本(日本留学
「対支文化事業」における銭稲孫
北京にいた日本人との交遊)
第2部 戦時中の翻訳活動と日本(日本文学翻訳への道のり
日本文学翻訳の幕開け―北京近代科学図書館との関係
力作『漢訳万葉集選』の成立
『万葉集』の中国語訳史における銭稲孫訳
一生の志と生涯の友―『源氏物語』の翻訳及び谷崎潤一郎、岩波茂雄との交遊)
第3部 戦時中の是非―「文化漢奸」の再検討(「文化漢奸」の虚実)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 「文化漢奸」と呼ばれた男 万葉集を訳した銭稲孫の生涯
  • 「文化漢奸」と呼ばれた男 万葉集を訳した銭稲孫の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中