ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • PISAの「読解力」調査と全国学力・学習状況調査 中学校の国語科の言語能力の育成を中心に

  • PISAの「読解力」調査と全国学力・学習状況調査 中学校の国語科の言語能力の育成を中心に

PISAの「読解力」調査と全国学力・学習状況調査 中学校の国語科の言語能力の育成を中心に

  • 岩間正則/著 岩間 正則
    鶴見大学准教授。横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校副校長を経て、2008年4月より鶴見大学に勤務。平成20年告示の中学校学習指導要領国語科作成協力者

  • シリーズ名
    比較文化研究ブックレット No.12
  • ページ数
    113p
  • ISBN
    978-4-87645-519-5
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

602 (税込:650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国際的な学力調査であるPISAと、日本の中学校の国語科の全国学力・学習状況調査。この2つの調査を比較し、今後身につけるべき学力を考察する書。
目次
1 PISA調査の「読解力」とは(PISA調査の「読解力」の概要
キー・コンピテンシーと「生きる力」
PISA調査の「読解力」が日本の教育に与えた影響について)
2 PISA調査の「読解力」が日本の教育に与えた影響について(PISAの「読解力」調査における日本の生徒の問題点
PISA調査と日本の教育
全国学力・学習状況調査との関連
学習指導要領と言語活動の充実について
国語科の学習指導要領について)
3 全国学力・学習状況調査とは(全国学力・学習状況調査の日本の教育における役割
全国学力・学習状況調査の問題の特徴
全国学力・学習状況調査の今後の可能性)
4 全国学力・学習状況調査をめぐる問題について(結果の公表について
授業改善は進んだのか
児童・生徒一人一人の学力保証をどのようにしていくか)
5 今後の日本の教育について考える(中学校の国語科として育成したい言語能力
次の学習指導要領に向けて)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • PISAの「読解力」調査と全国学力・学習状況調査 中学校の国語科の言語能力の育成を中心に
  • PISAの「読解力」調査と全国学力・学習状況調査 中学校の国語科の言語能力の育成を中心に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中