ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 影像の詩学 シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考

  • 影像の詩学 シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考

影像の詩学 シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考

  • 青木敦子/著 青木 敦子
    1957年、熊本県生まれ。東京外国語大学ドイツ語学科卒業。学習院大学大学院博士課程修了。文学博士(名古屋大学)。現在は、学習院大学、明治大学非常勤講師

  • シリーズ名
    古典転生 9
  • ISBN
    978-4-86503-014-3
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自律は自由と平等の輝かしい理想を人間に授けるとともに、残酷な宿命への覚醒をももたらす。カント哲学を批判的に継承したシラーは、その一帰結を戯曲『ヴァレンシュタイン』で克明に描いた。栄光の絶頂にある将軍を襲う無気味な影たち。自身に従えていたはずの近しいものたちが次々と裏切りのシルエットへと反転し、ついには将軍を死へと追いやる。その暗い表象の諸徴候を細やかに読み解き、シラー研究を新局面へといざなう力作。
目次
序章
第1章 不在とシルエット
第2章 習慣と平俗なもの
第3章 世界の暗い感情と占星術
第4章 鏡としてのマクス
第5章 ギリシャ的な運命とカント的な自由
第6章 史的真実と詩的真実
終章 アナロギアから一義性へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 影像の詩学 シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考
  • 影像の詩学 シラー『ヴァレンシュタイン』と一義性の思考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中