ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係

  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係
  • 女子の人間関係

女子の人間関係

  • 水島広子/著 水島 広子
    精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力

  • ISBN
    978-4-8014-0002-3
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,430

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • "女子の人間関係って、なんかめんどくさい! そう感じたことはありませんか? 職場仲間とのランチがめんどくさい、やたら張り合ってくる同僚が苦手、友人の幸せが素直に喜べない、あの先輩なぜか私にだけキツイ、ヘンな噂話を流された……気がつけば、人間関係のことで頭を悩ませて1日のほとんどが終わってた……なんていうことありませんか。1人ひとりは嫌いではないんだけど、なぜかあなたの感情をザワザワさせる“女""いませんか。この本は、そんな女子の人間関係についての本です。"
目次
1 なぜ「女の敵は女」なのだろう
2 比べたがる「女」との関わり方
3 「敵」「味方」を作りたがる「女」との関わり方
4 ママ友、社宅…「社会的な仕事」としての「女」との関わり方
5 「形ばかりのつながり」を求める「女」との関わり方
6 「自分は自分、他人は他人」ができない「女」との関わり方
7 演じる「女」とのつき合い方
8 恋愛すると変わってしまう「女」とのつき合い方
9 自分の中の「女」を優しく癒やしてあげよう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

なぜ、あの“女"(ひと)は
あなたの感情を乱すのか?


すぐ感情的になるひと 裏表のあるひと 群れたがるひと 張り合ってくるひと…

対人関係のイライラは、医学的に見れば99%解消できる。

グループ、派閥、噂話、嫉妬など女性特有の人間関係の悩みを持つ方に
対人関係療法の専門医水島広子氏がその原因を解析&ステップを踏んで丁寧に解決方法を教えます。
女性だけでなく、女性の部下、上司、恋人、妻を持つ男性も役に立つ内容です。

・何かと張り合ってくる女
・「選ばれたい気持ち」をどうするか
・ライフスタイルの違いをどう乗り越えるか
・選ばれること、大切にされること
・ ほめられたとき、どう返す?
・「女」が「ほめる」ということ
・友人の結婚がよろこべない

比べたがる“女"、敵・味方を分けたがる“女"、自分と他人の区別がつかない“女"、
群れたがる“女"、恋愛で変わってしまう女、そして自分のなかの“女"……
そんな女たちとどう付き合ってゆけばいいのか?
どうして女子同士の人間関係のほうが難しい気がするのか?
女性ならではの理由とか、難しさがあるのだろうか?
小手先じゃなくて、自分も相手もラクに付き合える本当の意味での良い関係を築く方法はあるのか?
そんな疑問に精神科医の水島広子先生がスッキリ明快に答えてくれました。
こんがらがった女子の人間関係を、見事に整理整頓してくれました。
この本を読んでいただければ、女子同士のイライラは99%解消されます。
わたし自身、はじめていただいた原稿を読んだとき、目からうろこが落ちました。その後、かなり参考にしてます。
働いている/働いていない、結婚している/結婚していない、子どもがいる/子どもがいない……
どんな立場の女性にも必ず力になる本です。
ひとりでも多くの女性に読んでもらえたらうれしいです。
あ、女性と接する機会のある男性にも役立つと思いますので、男性の方もぜひ!

作り手の思い

女子の人間関係って、なんかめんどくさい!
そう感じたことはありませんか?
職場仲間とのランチがめんどくさい、やたら張り合ってくる同僚が苦手、
友人の幸せが素直に喜べない、あの先輩なぜか私にだけキツイ、ヘンな噂話を流された……
気がつけば、人間関係のことで頭を悩ませて1日のほとんどが終わってた……
なんていうことありませんか。
1人ひとりは嫌いではないんだけど、なぜかあなたの感情をザワザワさせる“女"いませんか。
この本は、そんな女子の人間関係についての本です。

比べたがる“女"、敵・味方を分けたがる“女"、自分と他人の区別がつかない“女"、
群れたがる“女"、恋愛で変わってしまう女、そして自分のなかの“女"……
そんな女たちとどう付き合ってゆけばいいのか?
どうして女子同士の人間関係のほうが難しい気がするのか?
女性ならではの理由とか、難しさがあるのだろうか?
小手先じゃなくて、自分も相手もラクに付き合える本当の意味での良い関係を築く方法はあるのか?
そんな疑問に精神科医の水島広子先生がスッキリ明快に答えてくれました。
こんがらがった女子の人間関係を、見事に整理整頓してくれました。
この本を読んでいただければ、女子同士のイライラは99%解消されます。
わたし自身、はじめていただいた原稿を読んだとき、目からうろこが落ちました。その後、かなり参考にしてます。
働いている/働いていない、結婚している/結婚していない、子どもがいる/子どもがいない……
どんな立場の女性にも必ず力になる本です。
ひとりでも多くの女性に読んでもらえたらうれしいです。
あ、女性と接する機会のある男性にも役立つと思いますので、男性の方もぜひ!

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中