ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 原田キヌ考

  • 原田キヌ考

ポイント倍率

原田キヌ考

  • 宮下忠子/著 宮下 忠子
    1937年生まれ。明治大学卒業後、高校教諭を経て都立社会事業学校で学ぶ。卒業後、1975年から東京都城北福祉センターの医療相談員となる。その間、「アルコール問題を考える会」「コミュニティワーカー制度を考える会」を組織し、1995年に退職。以降、ボランティア活動を続けている。1996年、「こころの賞」受賞。東京都立精神保健福祉センターアルコール問題家族教育プログラム元講師、日本ジャーナリスト専門学校元講師、ハンセン病・国家賠償請求訴訟を支援する会元会員等

  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-89514-416-2
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “よあらしおキヌ”と呼ばれた女。明治初期、世情の混乱が生んだ女性差別。歌舞伎役者との燃え上がる恋の真相。
目次
第1部 おキヌ語り
第2部 原田キヌ考(様々な原田キヌ物語
おキヌを取り上げた評論、法律、歴史書等
嵐璃鶴の人物像
明治維新前後の司法)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 原田キヌ考
  • 原田キヌ考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中