ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛の吐息は夜風にとけて

  • 愛の吐息は夜風にとけて

愛の吐息は夜風にとけて

  • エリザベス・ホイト/著 川村ともみ/訳 ホイト,エリザベス(Hoyt,Elizabeth)
    イリノイ州中部に、夫と2人の子供と犬とともに暮らす。USAトゥディ紙のヒストリカル・ロマンス・ベストセラー作家。ジュリア・ハーパー名義でコンテンポラリー・ロマンスも執筆。米国最大のロマンス・レビューサイト「All About Romance」において2006年度の最優秀新人作家賞を受賞し、デビュー作『あなたという仮面の下は』(“The Raven Prince”)はMost Luscious Love Storyに選ばれたほか、ロマンティック・タイムズ誌のレビュワーズチョイス賞を受賞

  • シリーズ名
    ライムブックス ホ1-11
  • ページ数
    446p
  • ISBN
    978-4-562-04457-3
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

950 (税込:1,026

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 街に夜ごと現れる、謎に包まれた“セントジャイルズの亡霊”。ある晩、馬車を走らせていた貴婦人イザベルは、けがを負った“亡霊”を見つけて屋敷に連れ帰る。夜明けを待たずに姿を消した正体不明の男性に、イザベルはどこか不思議な魅力を感じた。その数日後、彼女を含む貴婦人たちが支援する孤児院の経営者で、庶民男性の心優しいウィンターを社交界入りさせるため、イザベルが指南役となる。会話やダンスの手ほどきを重ねるうちに、互いの孤独な心に気づき惹かれていく二人。しかしウィンターは、身分が高く美しいイザベルを前に自分の気持ちを押し殺していた。しかも彼には、誰にも言えない秘密があった―。レッスンの成果を試すため、二人でオペラハウスに出かけた夜、“亡霊”が現れたという噂を聞きつけたイザベルが思わずその姿を追いかけると…。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:THIEF OF SHADOWS
対象年齢 一般

商品のおすすめ

街に夜ごと現れる、謎に包まれた〈セントジャイルズの亡霊〉。
ある晩、馬車を走らせていた貴婦人イザベルは、けがを負った〈亡霊〉を見つけて屋敷に連れ帰る。
夜明けを待たずに姿を消した正体不明の男性に、なぜかイザベルは不思議な魅力を感じた――。
その数日後、貴婦人たちが支援する孤児院の経営者で、庶民男性の心優しいウィンターを社交界入りさせることになり、
その指南役となったイザベル。
会話やダンスのレッスンを重ねるうちに、互いの孤独な心に気づき次第に惹かれあっていくが……。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛の吐息は夜風にとけて
  • 愛の吐息は夜風にとけて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中